ご挨拶

洛中で最古の歴史を持つ蔵元『松井酒造』です。
日本伝統の酒造りを280年間、頑なに守り続けております。
喜びの席、悲しみの席、人生の節目に当社の清酒がお供出来ることに誇りを感じ、
お客様がほっと一息つけるような、そんな会社でありたいと思います。
商品づくりに対して責任を持ち続け、
お客様との1対1のお付き合いを大切にして参りたいと思います。

歴史

松井酒造株式会社は江戸時代(享保11年)の創業で、
屋号を「松治」と称し、今日まで錦々280年の歳月を経て参りました。
兵庫県香住で酒造りを始め、のちに京都へ移って参りました。
現在の河原町竹屋町で酒造を続けながら、同時に、
香住の港から「八幡丸」「天神丸」という二隻の船で北海道と交易をしておりました。
帰りの船には、主に海産物が積まれていたようです。
銘柄の一つである「富士千歳」は、日本一の富士山を崇め、
お客様の幸せが『千年も続くように』との願いを込めています。
その後、大正末期に現在の地、左京区吉田へ引越し、今日に至っております。

会社概要

社名 松井酒造株式会社
設立年月 1956年3月(創業享保11年)
本社所在地 〒606-8305  京都府京都市左京区吉田河原町1-6
電話番号 075-771-0246(代)
代表取締役 松井 八束穂
資本金 1,000万円
事業内容 清酒の製造、および販売

アクセス



京阪 出町柳下車 徒歩10分
市バス 東一条下車 徒歩10分